S-さくらんのブログ

もう少しで子育てが終わる母の日常

三連休、断捨離してました

 

こんにちは、さくらんです。

 

三連休、みなさんはどんな休日を過ごしましたか?私は暦通りのお休みでしたが、この三連休は私にとって重要な休日と勝手に位置付けて、

自分に課したミッションを遂行しようと考えていました。

いつも休日になると、普段から体力使って疲れてるからいいのよと思い、ダラダラと目の前にあるやるべき事に手を付けずになんとな〜く過ごしてしまう日があります。

そして休みが終わってしまい

 

(あ〜今日も出来なかったな…振り返ってみれば、やれる時間はあったのに…)

 

と自分にダメ出しする自分がいます。

 

(この三連休はそんな自分にならない様にする!)

 

と自分に宣言して臨んだ三連休でした。

 

そのミッションとは断捨離……ではないのですが、なんだか断捨離をしないとミッションに手がつけられない気分なのです。

あの…アレです、学生時代のテスト勉強をしなくてはならないのに、勉強しないで部屋の片付けや掃除などをやりたくなる、あの気持ちです。

断捨離以前に食事の支度、後片づけ、掃除、洗濯、買い物、子供の送迎など、休日でもやらなくてはならない事があります。大きなミッションの前に断捨離などやってる暇はないのですが、今回私はミッションを遂行する為に断捨離が必要なのだと捉えました。

 

私は2年程前から、やましたひでこさんの断捨離塾の塾生です。それまでは断捨離という言葉は知っていたけど、ただモノを捨てる事だと思っていました。ですが、塾生になり断捨離に取り組んでみて断捨離とはとても奥深いものだということを知りました。

 

断捨離とは、行動哲学

自分の思考と向き合い、今の自分にとってそのモノは必要か、なぜ今現在必要としていないそのモノを捨てないでとってあるのか?そのモノをとってある理由、自分が持っている思考を俯瞰します。

f:id:s-sakuran:20190213014941j:image

コレ↑捨てたモノの一部です。

 

食器棚の断捨離は前にも取り組んでいて、今回3回目ですが、この他にも沢山捨てました。

 

最近の私の断捨離の仕方は

(今、私の必要の無いモノ、断捨離すべきモノは何かな?)

と目を閉じて自分に質問して、頭の中のイメージで家の中をサーチします。すると気になる場所で映像がストップします。

今回ストップした場所は食器棚の上の棚の右側の方でした。

何が入っていたかな?と開けてみて気になったのは運動会の時に使った大きなスヌーピーの仕切りの入ったタッパーでした。

もう子供も大きくなり、運動会も無いので今の私に必要ありません。

その他、フードパックや紙コップ、大きなタッパーなど、そのモノ達を俯瞰して自分の思考と向き合った結果、私が手放す思考は

 

『いい親だと思われたい』でした

 

運動会はオードブルを注文するのではなく手作りで、友達の家で宅飲みする時は手料理を持って行く。そんな時に使うモノ達が沢山出てきました。

(あーそうね、そう思ってたかも…)

     ↑この受け入れ大事です

そう思って、今までありがとうと言ってまだ使えるモノだけど、さよならします。

 

今の自分に不要なモノ、思考とさよならすると、今度は今の自分に必要な新たなエネルギーが入ってきます。

 

三連休の二日目までは断捨離やその他の家事をしていてミッションが全く進んでいませんでしたが、

その新たなエネルギーは三日目で発揮されました。

まるで小中学校の時の冬休みの自由研究を一日で仕上げた時のように、10時間かけて自分に課したミッション完了しました。

 

やれば出来るじゃん、わたし。

自分を肯定出来て新たな空間も増えて気分もスッキリ。

断捨離は本来の自分になる為のツールだと思います。悩んでいる方、気分がモヤモヤしている方など、こんなはずじゃなかった人生変わっていきます。ぜひ行動してみて下さい🍀